アルディシア・ピラミダリス

Ardisia pyramidalis

Ardisia pyramidalis

Ardisia pyramidalis

Ardisia pyramidalis

Ardisia pyramidalis

フィリピンが原産です。「ふたばがき」などの二次林に生えます。茎は
か細く、よく分枝します。葉は長楕円形で枝先に密生します。3月から
6月ごろ、枝先に円錐花序をだし、淡いピンク色の花を咲かせます。
若い葉は食用にされ、花や種子は魚料理などの香辛料に利用され
ます。
ヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木で、学名は Ardisia
pyramidalis。英名はありません。
Ardisia pyramidalis belongs to Myrsinaceae (Myrsine family). It is an
evergreen shrub that is native to Philippine. This shrub occurs in secondary
forests of Dipterocarpus. The stem is slender and much branched. The
leaves are oblong and grow thickly at the terminal branches. The panicles
are borne and bloom pale pink flowers from March to June. The young
leaves are used for food, the flowers and seeds are used for spices of fish
dishes.
[上・中1〜2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年03月26日撮影。
[中3] 同上にて、2006年03月29日撮影。
[下] 同上にて、2005年05月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp