アリステア・エックロニー [Index] [Back]

Aristea ecklonii

Aristea ecklonii

Aristea ecklonii

Aristea ecklonii

アフリカの南東部、南アフリカやウガンダ、マダガスカルに分布しています。川沿いや常緑樹林の林縁に生え、高さは60センチ以上になります。葉は狭い披針形で、数個がほとんど根生します。晩春から初夏に、青紫色の花を咲かせます。花は早朝に開き、正午前には閉じます。
アヤメ科アリステア属の多年草で、学名は Aristea ecklonii。
英名は Blue star。
Blue star (Aristea ecklonii) belongs to Iridaceae (the Iris family). It is a perennial herb that is native to southeastern Africa, South Africa, Uganda and Madagascar. This herb grows along streams and margins of evergreen forest, and can reach up to 60 cm in height. The leaves are several, narrowly lanceolate and mostly basal. The blue-purple flowers bloom in spring to early summer. They open early morning and close before noon.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年05月23日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp