ありあけかずら (有明葛)

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

Allamanda cathartica

南アメリカのブラジル、ギアナなどに分布しています。半蔓性の低木、高さは1.8〜2.4メートルになります。革質の葉は倒披針形から長楕円形で、3〜4個が輪生します。夏から秋にかけて、鮮やかな黄色をしたトランペット形の花を咲かせます。 
キョウチクトウ科アリアケカズラ属の常緑低木で、学名は Allamanda cathartica。英名は Golden trumpet、Yellow allamanda。 
Golden trumpet (Allamanda cathartica) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is native to Brazil and Guiana of South America. This tree is a semi-vine and it can reach 1.8-2.4 m in height. The leaves are leathery, oblanceolate to oblong, and arranged in 3-4 whorled. The bright yellow, trumpet-shaped flowers bloom from summer to fall. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2006年08月11日撮影。
[中2] 関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)
[中3・中4] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、
2014年08月30日撮影。
[中5〜6・下] 沖縄県那覇市にて、2016年06月19日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp