アリストロキア・トリカウダタ

Aristolochia tricaudata

Aristolochia tricaudata

メキシコが原産です。直立する小低木で、大きな楕円形の葉が互生
します。葉腋に、花弁状に見える萼のある10センチほどの花を咲か
せます。萼は3裂して、先端は尾状になります。花柄には褐色の細毛
が密生します。
ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属の常緑小低木で、学名は
Aristolochia tricaudata。英名はありません。
京都市左京区「京都府立植物園」にて、2005年08月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp