アルメリア・アルピナ [Index] [Back]

Armeria alpina

フランス、イタリア、オーストリアそれにバルカン半島に分布しています。標高1400〜2700メートルの砂礫地や草地に生え、高さは10〜30センチになります。葉は線形で、密なロゼットを形成します。7月から8月ごろ、球形花序に小さなピンク色の花を咲かせます。 
イソマツ科アルメリア属の多年草で、学名は Armeria alpina。
英名はありません。 
Armeria alpina belongs to Plumbaginaceae (the Plumbago family). It is a pernnial herb that is native to France, Italy, Austria and the Balkan Peninsula. This herb grows in rocks, gravel and meadows at 1400-2700 m elevation, and it can reach 10-30 cm in height. The leaves are linear and form a dense rosette. The small pink flowers bloom in the spherical inflorescences from July to August. 
スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp