アルメリア・カエスピトーサ (姫浜簪)

Armeria caespitosa

Armeria caespitosa

Armeria caespitosa

ヨーロッパ南部のスペインやポルトガルが原産です。茎は匍匐して広
がり、高さは5〜15センチほどになります。葉は線形で密生します。
4月から5月ごろ、花茎を伸ばして球状花序に小さなピンク色の花を
咲かせます。別名で「ヒメハマカンザシ」とも呼ばれます。
イソマツ科アルメリア属の常緑多年草で、学名は Armeria caespitosa。
英名は Thrift, Sea pink。
[上・中] 神戸市灘区六甲山町「六甲高山植物園」にて、
2005年04月19日撮影。
[下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2006年04月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp