アルメリア (浜簪)

Armeria vulgaris

Armeria vulgaris

Armeria vulgaris

Armeria vulgaris

Armeria vulgaris

ヨーロッパや北アメリカが原産です。海辺の砂浜や草地に生え、高さは10〜15センチになります。葉は針状線形で光沢のある濃緑色です。3月から5月ごろ、花茎を伸ばして球状花序をつけ、ピンク色の小さな花を咲かせます。別名で「はまかんざし(浜簪)」とか「まつばかんざし(松葉簪)」と呼ばれます。属名は、「海岸に(at seaside)」を意味するケルト語の「ar mor」に因みます。 
イソマツ科アルメリア属の多年草で、学名は Armeria vulgaris。
英名は Sea thrift、Sea pink。 
Sea thrift (Armeria vulgaris) belongs to the Plumbaginaceae. It is a perennial herb that is native to Europe and North America. This herb grows in coastal grass lands, beach sands and it can reach 10-15 cm in height. The leaves are needle-linear, dark green and glossy. The spherical inflorescences are borne on the stalks and bloom small pink flowers in March to May. The genus name 'Armeria' is derived from Celtic language 'ar mor' (at seaside). 
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲート
パーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 長野県大町市常盤「ラ・カスタ」にて、
2006年05月09日撮影。
[中3] アメリカ・オハイオ州「コクス樹木園」にて、
2016年05月22日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・スコットランド「バルモラル城」にて、
2016年06月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp