アルニカ・モンタナ [Index] [Back]

Arnica montana

Arnica montana

ヨーロッパに分布しています。標高700〜2900メートルの山地草原や潅木帯に生え、高さは30センチほどになります。根生葉は倒卵形から倒披針形で、腺毛が密に生えます。6月から8月ごろ、鮮やかな黄色い頭花を咲かせます。
キク科ウサギギク属の多年草で、学名は Arnica montana。
英名は Leopard's bane, Wolf's bane。
Leopard's bane belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb that is native to Europe. This herb occurs in upland grasslands or thickets 700-2900 m elevation and can reach about 30 cm in height. The basal leaves are obobate to oblanceolate with densely glandular hairs. The bright yellow flowerhead come in June to August.
スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」
にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp