アロニア・メラノカルパ [Index] [Back]









北アメリカの東部、カナダからアメリカ中部にかけてが原産地です。この樹木はヨーロッパに導入され、栽培されています。日当たりの良いところや一部日陰になるところでよく育ち、株状になって高さは90〜180センチになります。葉は倒卵形で、光沢のある濃緑色、秋には紅葉します。春の終わりごろ、白色やピンク色の花が咲き、9月に黒色の果実ができます。果実には強い渋みがあります。 
バラ科セイヨウカマツカ属の落葉小低木で、学名は Aronia melanocarpa。英名は Black chokeberry。 
Black chokeberry (Aronia melanocarpa) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous shrub that is native to eastern North America, ranging from Canada to the central United States. This tree has been introduced and is cultivated in Europe. This shrub grows well in the sun and part-shade, forming clumps, and up to a height of 90-180 cm. The leaves are obovate, glossy dark green, and will turn red in the fall. The white or pink flowers bloom at the end of spring and produce black fruits in September. They have strong astringent taste. 
名古屋市港区「ブルーボネット」にて、2017年08月03日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp