アルテミシア・マウイエンシス [Index] [Back]

Artemisia mauiensis

Artemisia mauiensis

マウイ島のハレアカラ山の固有種です。乾燥した高地の斜面に生え、高さは90センチほどになります。銀色の葉は長さ2.5〜5センチ、細かく裂片に分裂し、ほとんど羽状になります。頭花はクリーム色で、花序につきます。全体にセージのような強い方向を放つます。葉は砕かれて、ぜんそくの手当に使用されます。 
キク科ヨモギ属の常緑小低木で、学名は Artemisia mauiensis。
英名は Maui wormwood。 
The Maui wormwood (Artemisia mauiensis) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is an evergreen shrub that is endemic to Mt. Haleakala in Maui. This shrub grows on arid high elevation slopes and grows to about 90 cm in height. The silvery leaves range 2.5-5 cm long and are finely divided into segments, almost feather-like. The flower-heads are cream colored and arranged in clusters. The plant gives off a strong aroma similar to that of sage. The leaves can be pounded and used to treat asthma. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp