アルテミシア・ポウィスキャッスル

Artemisia cv. Powis Castle

Artemisia cv. Powis Castle

地中海沿岸が原産の「ツリーアルテミシア(A. arborescens)」とヨーロ
ッパからアジア、北アメリカに分布する「ニガヨモギ(A. absinthium)」と
の交雑種です。マウンド状になり、高さは90センチ以上になります。
葉は灰色で柔らかく芳香があり、細かく裂けます。
キク科ヨモギ属の多年草で、学名は Artemisia cv. Powis Castle。
英名は Powis Castle wormwood。
Powis Castle wormwood belongs to Asteraceae (Aster family). It is a
perennial herb that is a hybrid between Tree wormwood (A. arborescens)
native to Mediterranean and Wormwood (A. absinthium) native to Europe
to Asia and North America. This herb makes an mound and can reach up
to 90 cm in height. Leaves are gray, soft, aromatic and divided into frond.
岐阜県可児市「花フェスタ記念公園」にて、2006年12月20日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp