アルンクス・ディオイクス [Index] [Back]

Aruncus dioicus

Aruncus dioicus

Aruncus dioicus

Aruncus dioicus

ヨーロッパから北アメリカ、アジアに分布しています。断崖や岩場の林内、峡谷などに生え、高さは90〜150センチになります。葉は2回3出複葉で、アスチルベによく似ています。5月から7月ごろ、小さな淡黄白色の花を咲かせます。
バラ科ヤマブキショウマ属の多年草で、学名は Aruncus dioicus。
英名は Goat's beard。
Goat's beard belongs to Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to Europe, North America and Asia. This herb grows in bluffs, rocky woodlands or ravines and can reach 90-150 cm in height. The leaves are biternate compound that are similar to astilbe. The small creamy white flowers come in May to July.
[上・中1] スイス・ベルン州・インターラーケン「ハーダークルム」にて、
2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp