あさまふうろ (浅間風露) [Index] [Back]

Geranium soboliferum

Geranium soboliferum

Geranium soboliferum

Geranium soboliferum

Geranium soboliferum

わが国の本州、中部地方に分布しています。山地の湿った草地に生え、高さは50〜80センチになります。葉は掌状に深裂し、裂片はさらに細裂します。8月から9月ごろ、濃い紅紫色の花を咲かせます。花弁の基部の脈上には、白色の軟毛が密生します。果実は刮ハで、開出毛があります。和名は、浅間高原に多いことに因ります。
フウロソウ科フウロソウ属の多年草で、学名は Geranium soboliferum。英名はありません。
"Asama-fuuro" (Geranium soboliferum) belongs to the Geraniaceae family (the Geranium family). It is a perennial herb that is native to Chubu district of Honshu. This herb grows in wet grasslands of mountains, and can reach 50-80 cm in height. The leaves are divided into partites palmately, moreover the segments are finely dissected. The dark magenta flowers bloom in August and September. The white soft hairs bear on the veins of petal-bases. The fruits are capsules with erect hairs.
[上・中1〜3] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2009年08月01日撮影。
[下] 同上にて、2012年07月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp