アスコケントルム・クリステンソニアヌム

Ascocentrum christensonianum

Ascocentrum christensonianum

Ascocentrum christensonianum

Ascocentrum christensonianum

アスコケントルム属は中国の南部から東南アジアに10種ほどが分
布する着生ランです。本種はベトナムが原産で、1個の細長い茎が
のび、線形の葉が互生します。葉腋から花序をだし、小さな濃いピン
ク色の花を咲かせます。
ラン科アスコケントルム属の常緑多年草で、学名は Ascocentrum
christensonianum。英名はありません。
Ascocentrum christensonianum belongs to Orchidaceae (Orchid family). It
is an evergreen perennial herb that is native to Viet Nam. Ascocentrum
genera are distributed from south China to Southeast Asia, and have about
10 species. Stem is solitary and slender with linear leaves alternately. Small
pink flowers come in the inflorescence from axils.
[上・中1] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中2・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2007年01月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp