アスコケントルム・ガライ [Index] [Back]

Ascocentrum garayi

Ascocentrum garayi

Ascocentrum garayi

ヒマラヤからインドシナ半島に分布する着生ランです。茎は木質化して、高さは20センチほどになります。葉は線形で、厚い革質です。春から初夏にかけて、直立した花茎を伸ばして、直径1センチほどの鮮黄色の花を多数咲かせます。
ラン科アスコケントルム属の常緑多年草で、学名は Ascocentrum garayi。英名はありません。
Ascocentrum garayi belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is an epiphyte and native to Himalaya to Indo-china Peninsula. The stem is woody and can reach about 20 cm in height. The leaves are linear, thick and leathery. Many bright yellow flowers are borne on an erect spikes and about 1 cm across from spring to early summer.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp