アスクレピアス・スペキオサ [Index] [Back]

Asclepias speciosa

Asclepias speciosa

Asclepias speciosa

Asclepias speciosa

Asclepias speciosa

北アメリカの西半分に分布しています。野原や道ばた、流れのそばなどに生え、高さは45〜120センチになります。葉は対生し、狭長楕円形から広長楕円形で、やわらかく細かい毛に被われています。夏の間中、分枝した茎頂の散形花序に、紅紫色の花を咲かせます。花冠は反り返り、中央部には隆起したかぎ状の突起のついた5個のフードがあり、星形をしています。果実は大きな粗い袋果です。アメリカ先住民の人々は、この植物のあらゆる部分を民間薬に使用し、いくつかの部分を食用にしていました。
ガガイモ科トウワタ属の多年草で、学名は Asclepias speciosa。
英名は Showy milkweed。
Showy milkweed (Asclepias speciosa) belongs to the family Asclepiadaceae (the Milkweed family). It is a perennial herb that is native to the western half of North America. This herb grows in fields, roadsides or near streams, and it can reach 45-120 cm in height. The leaves are opposite, narrow to widely oblong and covered with soft fine hairs. The rose-purple flowers bloom at the large umbels atop of branched stems in all summer. Their corollas are reflexed and the central flower parts, five hoods with prominent hooks, are star-shaped. The fruit is a large, rough follicle. Native Americans used all parts of this plant for medicinal uses and ate some parts as a food.
アメリカ・アイダホ州ブリス市にて、2013年06月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp