アメリカせんのう (アメリカ仙翁)

Lychnis chalcedonica

Lychnis chalcedonica

Lychnis chalcedonica

Lychnis chalcedonica

ロシアの中央アジア地方が原産です。日当たりのよい湿ったところに生え、高さは60〜90センチになります。披針形の葉は対生します。7月から9月ごろ、茎の先端の散房花序に「なでしこ(撫子)」に似た緋色の花を咲かせます。花色はふつう赤色ですが、ピンク色やオレンジ色、白色もあります。 
ナデシコ科センノウ属の多年草で、学名は Lychnis chalcedonica。英名は Jerusalem cross、Maltese cross。 
Jerusalem cross (Lychnis chalcedonica) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a perennial herb that is native to Central Asia region of Russia. This herb grows in sunny waste places and can reach 60-90 cm in height. The leaves are lanceolate and alternate. The dianthus-like scarlet flowers come in the apical corymbs from July to September. The flower color is usually red, sometimes pink, orange or white. 
[上] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年04月13日撮影。
[下] ノルウェー・ソグン・オ・フィヨーラネ県フロムにて、2018年07月01日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp