あしび (馬酔木)

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

Pieris japonica

わが国の本州、宮城県以南の太平洋側から四国・九州に分布しています。高さは1〜7メートルほどになり、純林を形成することもあります。葉は倒披針形から長楕円形で枝先に集まってつき、葉身の上半部には浅い鋸歯があります。3月から5月ごろ、枝先から円錐花序を下垂させ、小さな壺形の花を咲かせます。「あせび」が正式名です>が、水原秋桜子の俳誌や万葉集にも登場する「あしび」の呼び名が好きです。アセボトキシンなどを含む有毒植物で、食べると足が痺れるそうです。
ツツジ科アセビ属の常緑低木で、学名は Pieris japonica。
英名は Japanese andromeda、Lily of the valley bush。
The Japanese andromeda (Pieris japonica) belongs to the Ericaceae (the Azalea family). It is a small evergreen tree that is distributed from Miyagi Prefecture south to the Pacific Ocean Side of Honshu, Shikoku and Kyushu. These trees occasionary form pure forests, and it can reach 1-7 m in height. Leaves are oblanceolate to elliptic with shallow toothed edges at upper half of leaf blades, and cluster at end of twigs. Small whitish bell-shaped flowers come in drooping panicles from March to May. This tree includes a poisonous asebotoxin. If you eat these leaves, your feet may be numb with poison.
[上] 岐阜県瑞浪市釜戸町「竜吟峡」にて、2007年04月13日撮影。
[中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[中2・中3] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年03月29日撮影。
[中4] 愛知県春日井市「春日井市都市緑化植物園」にて、
2007年01月12日撮影。
[中5] 神奈川県鎌倉市「大船植物園」にて、2007年02月14日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[中6] 群馬県渋川市伊香保町にて、2008年03月30日撮影。
[中7・中8] 茨城県高萩市「土岳」にて、2012年11月10日撮影。
[中9・中10] 千葉県成田市「千葉県花植木センター」にて、
2013年04月12日撮影。
[中11〜中13] 茨城県日立市「高鈴山」にて、
2013年11月30日撮影。
[中14・中15] 福島県いわき市「二ツ箭山」にて、
2013年12月14日撮影。
[中16・中17] 福島県いわき市「屹兎屋山」にて、
2014年01月25日撮影。
[中18・中19] 福島県いわき市「湯ノ岳」にて、
2014年03月29日撮影。
[中20・中21] 福島県いわき市「往生山」にて、
2014年04月05日撮影。
[中22〜中24] 茨城県日立市「石尊山」にて、
2014年12月07日撮影。
[中25・下] 宮城県石巻市「サンファンパーク」にて、
2016年03月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp