アスパラガス・マイヤーズ

Asparagus densiflorus cv. Myers

Asparagus densiflorus cv. Myers

Asparagus densiflorus cv. Myers

Asparagus densiflorus cv. Myers

Asparagus densiflorus cv. Myers

Asparagus densiflorus cv. Myers

南アフリカのケープ地方南東部からクワズールー・ナタールに分布
するデンシフロルス種の園芸品種です。茎は直立または弓なりにな
り、高さは60〜90センチになります。茎には棘があり、葉は退化し
て、細かい茎が集まって仮葉を形成しています。花は小さな淡いピン
ク色でほとんど目立ちません。花後には真っ赤な球形の液果ができ
ます。
ユリ科クサスギカズラ属の常緑多年草で、学名は Asparagus
densiflorus cv. Myers。英名は Myers asparagus。
Myers asparagus belongs to the Liliaceae (the Lily family). It is an
evergreen perennial herb that is a cultivar of Asparagus densiflorus. The
parent species is native to southeast Cape Province to KwaZulu-Natal of
South Africa. The stem is erect or arching with spines and can reach 60-90
cm in height. The leaves are degenerate though the small twigs form
phyllodes. The flowers are small and invisible pale pink. Following bloom,
bright red, round fruits ripen.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2007年05月15日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 同上にて、2007年05月14日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 同上にて、2005年12月18日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3〜4・下] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp