アスパラガス (オランダ雉隠)

Asparagus officinalis

Asparagus officinalis

Asparagus officinalis

ヨーロッパの地中海沿岸から西アジアが原産です。ヨーロッパでは、
紀元前から栽培されてきたといわれます。わが国へは江戸時代に渡
来し、食用としては大正時代に栽培が始まりました。現在では北海道
と長野県が主産地になっています。盛り土をして栽培する「ホワイトア
スパラガス」と、盛り土しない「グリーンアスパラガス」があります。葉
は細かい線状で、5月から6月ごろ、小さな黄色い花を咲かせます。
和名では、「オランダきじかくし(雉隠)」と呼ばれます。
ユリ科クサスギカズラ属の多年草で、学名は Asparagus officinalis。
英名は Asparagus。
Asparagus belongs to Liliaceae (Lily family). It is a perennial herb that is
native to the coastal area of Mediteranean Sea and West Asia. This herb
has been cultivated in Europe from Before Christ. It was introduced into
Japan in Edo Era (about 250 years ago), and bagan to cultivate as a
vegetable in Taisho Era (about 90 years ago). Nowadays, the main
producing district is Hokkaido and Nagano prefecture in Japan. The leaves
are narrow linear and the small yellow flowers come in May to June. White
asparagus is cultivated in the mound for denying the plant light, and green
asparagus is cultivated on the ground.
[上・中] 長野県安曇野市穂高穂高北にて、2007年07月10日撮影。
[下] 大阪府四条畷市下田原にて、2006年07月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp