アスター・アルピヌス

Aster alpinus

Aster alpinus

Aster alpinus

Aster alpinus

ヨーロッパとアジア、北アメリカに分布しています。亜高山帯から高山
帯の草地や岩礫地に生え、高さは15〜20センチになります。葉は
楕円形で、綿毛があります。晩春から夏に、花茎を伸ばして、大きな
青紫色から赤紫色の花を、一個咲かせます。
キク科シオン属の多年草で、学名は Aster alpinus。
英名は Alpine aster。
Alpine aster belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb
that is distributed to Europe, Asia and North America. This herb grows in
sub-alpine to alpine zone, grasslands or rocky areas and can reach 15-20
cm in height. The leaves are elliptic and covered with woolly hairs. The
flowering stalk is borne and the solitary, large, bluish-purple to magenta
flower blooms from late spring to summer.
[上] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山
植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1・中2] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年02月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp