アスター (蝦夷菊)

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

Callistephus chinensis

中国東北部からシベリアが原産です。わが国へは江戸時代の中頃
に渡来しました。ふつうには「アスター」と呼ばれていますが、シオン
(アスター)属ではありません。冷涼な気候を好み、極端に連作を嫌
います。高さは30〜80センチになり、7月から8月ごろ、赤色やピン
ク色、紫色、白色などの花を咲かせます。八重咲きや一重咲き、ポ
ンポン咲きなどの品種があります。別名で「えぞぎく(蝦夷菊)」とも呼
ばれます。
キク科エゾギク属の一年草で、学名は Callistephus chinensis。
英名は China aster。
China aster (Callistephus chinensis) belongs to Asteraceae (the Aster
family). It is an annual herb that is native to east-northern China and
Siberia. It was introduced into Japan in the middle days of Edo Era (about
260 years ago). This herb prefers cool environment and abhors continuous
cropping. It can reach 30-80 cm in height. The red, pink, purple or white
flowers bloom from July to August. There are many flower types; single,
double or pompon blossoms.
[上・中1〜3] 千葉県香取市大角にて、2010年07月22日撮影。
[中4〜中6] 同上にて、2010年07月30日撮影。
[中7・下] 同上にて、2010年08月12日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp