アスチルベ (泡盛草)

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

Astilbe x arendsii

ドイツで改良されたアレンジー系の園芸品種群です。高さは40〜80センチほどになり、6月から7月ごろ、円錐花序にごく小さな花をいっぱい咲かせます。花色は白色や赤色、ピンク色などの淡いパステルカラーです。別名で「あわもりそう(泡盛草)」とも呼ばれます。
ユキノシタ科チダケサシ属の常緑多年草で、学名は Astilbe x arendsii。英名は Astilbe。
Astilbe (Astilbe x arendsii) belongs to the Saxifragaceae (the Saxifrage family). It is an evergreen herb that is a cultivar-group that was raised in German. This herb can reach 40-80 cm in height. The numerous tiny flowers bloom in panicle from June to July. The flower-colors are white, red, pink, and pastel.
[上・中1〜2] 岐阜県白川村荻町「白川郷」にて、
2006年07月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3〜中6] アメリカ・オレゴン州「ボンネビル孵化場」にて、
2013年06月17日撮影。
[中7・中8] 千葉県香取市大角にて、2012年06月15日撮影。
[下] イギリス・スコットランド「スカイ島」にて、2016年05月31日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp