アストランティア・マイオール

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

Astrantia major

ヨーロッパの中部から東部が原産です。今ではイギリスにも帰化してます。湿った林内や河川の堤防などに生え、高さは50〜80センチになります。葉は掌状に3〜7裂します。5月から7月ごろ、半球状の散形花序をだし、淡いピンク色の花を咲かせます。花は両性花で、花弁状の苞に包まれます。 
セリ科アストランティア属の多年草で、学名は Astrantia major。
英名は Great masterwort。
The Great masterwort (Astrantia major) belongs to the Apiaceae (the Carrot family). It is a perennial herb that is native to central and eastern Europe. Nowadays, it is naturalized in United Kingdom. This herb grows in wet forests or stream banks and can reach 50-80 cm in height. The leaves are devided into 3-7 lobes palmately. The hemispherical umbels are borne and pale pink flowers bloom from May to July. The flower is bisexual and covered with petal-like bracts. 
[上・中1] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、
2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中2] 名古屋市港区潮見町「ブルーボネット」にて、
2002年05月03日撮影。
[中3] スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4・中5] スイス・ベルン州「バレンベルク屋外博物館」にて、
009年06月27日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中6〜中8] 茨城県神栖市太田新町にて、2011年05月14日撮影。
[中9〜10・下] イギリス・ランカシャー州グレートミトンビレッジにて、
2015年06月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp

L>