アスター・オブロンギフォリウス [Index] [Back]

Aster oblongifolius

アメリカの東・中部に分布していくす。岩の多い草原や低湿地などに生え、高さは30〜90センチになります。葉は楕円形で互生し、つぶすと心地よい香りがします。8月から9月ごろ、青紫色の「のこんぎく」のような花を咲かせます。
キク科シオン属の多年草で、学名は Aster oblongifolius (syn. Symphyotrichum oblongifolium )。英名は Aromatic aster。
Aromatic aster belongs to Asteraceae (Aster family). It is a perennial herb that is native to eastern and central United States. This herb occurs in rocky prairies or glades and can reach 30-90 cm in height. The leaves are oblong, alternate and emit a pleasant odor when crushed. The blue-purple daisylike flowers come in August to September.
アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp