アトラスシーダー [Index] [Back]

Cedrus atlantica

Cedrus atlantica

北アフリカのアルジェリアやモロッコに分布しています。標高1000〜2200メートルのアトラス山地に生え、高さは30〜35メートルになります。アトラスシーダーはしばしば純林を形成します。樹冠は円錐形です。葉は針葉で白みがかった青緑色、束生します。果実は、長さ5〜7センチの樽形の球果で、上向きにつきます。
マツ科ヒマラヤスギ属の常緑高木で、学名は Cedrus atlantica。
英名は Atlas cedar。
Atlas cedar (Cedrus atlantica) belongs to the Pinaceae (the Pine family). It is a tall evergreen tree that is native to North Africa; Algeria and Morocco. This tree grows in the Atlas Mountains, 1000-2200 m elevation, and can reach 30-35 m in height. They often form pure forests. The tree crown is conical. The leaves are needle-like, whitish blue-green and fasciculate. The fruits are barrel shaped strobiles, about 5-7 cm long, and borne upright.
イギリス・ロンドン市「キューガーデン」にて、2008年03月03日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp