アッタレア・クラッシスパタ [Index] [Back]

Attalea crassispatha

Attalea crassispatha

ハイチの南西部の固有種です。低地の岩場や荒れ地に生え、高さは20メートル以上になります。分岐しない幹は、直径35センチ以上になります。葉は長く、15〜19対の羽状複葉です。このヤシは野生から収穫され、食料や木材など地元の用途に利用されます。 
ヤシ科アッタレア属の常緑高木で、学名は Attalea crassispatha。
英名はありません。 
Attalea crassispatha belongs to the Arecaceae (the Palm family). It is a tall evergreen tree that is endemic to southwest Haiti. This tree grows in rocky and disturbed areas at low elevations, and can reach up to 20 m in height. The unbranched stem can be up to 35 cm in diameter. The leaves are long, 15-19 pinnately compound. It is harvested from the wild for local use as a source of food and wood. 
アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp