オーストラリアびろう (オーストラリア檳榔)

Livistona australis

Livistona australis

Livistona australis

オーストラリアの東部、クイーンズランド州北部からニューサウスウェ
ールズ州南部に分布しています。雨林に生え、高さは30メートルほ
どになります。樹皮には葉痕が環状紋となって残ります。葉は直径
1.5メートルほどの円形で、掌状に深裂します。8月から9月ごろ、
葉の基部から円錐花序をだし、クリーム色の花を咲かせます。果実
は楕円形の核果で、黒く熟します。
ヤシ科ビロウ属の常緑高木で、学名は Livistona australis。
英名は Australian cabbage palm, Australian fan palm。
オーストラリア・シドニー市「カンバーランド州有林」にて、
2006年07月16日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp