オーストラリアゴムのき

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

Ficus macrophylla

オーストラリアの東部が原産です。海岸沿いの乾燥した雨林あるい
は川沿いの低木帯に生え、高さは20〜50メートルになります。幹は
巨大で、大きく広がる枝を支えます。葉は卵状楕円形または長楕円
形で、互生します。また革質で、表面は光沢のある濃緑色、裏面は
褐色です。果実は「いちじく」に似たかたちで、オレンジ色から紫色に
熟します。これは甘くてアボリジニの人たちの食用とされてきました。
クワ科イチジク属の常緑高木で、学名は Ficus macrophylla。
英名は Moreton bay fig。
Moreton bay fig belongs to the Moraceae (the Mulberry family). It is a tall
evergreen tree that is native to eastern Australia. This tree grows in coastal
arid rainforests and mallees along the stream, and can reach 20-50 m in
height. Stems are enormous and hold spreading branches. Leaves are
ovate-elliptic to oblong, alternate, leathery and glossy dark green with
borwn reverce side. Fruits are fig-like achenes and ripen orange to purple.
Aborigines have been used these sweet fruits for foods.
[上] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2008年03月09日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] 同上にて、2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1〜2・中6] オーストラリア・シドニー市にて、
2004年01月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] オーストラリア・シドニー市「タロンガ動物園」にて、
2006年02月25日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・中5] 同上にて、2006年06月12日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中8] アメリカ・カリフォルニア州ロングビーチ市にて、
2007年03月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9〜12・下] アメリカ・カリフォルニア州「バルボア公園」にて、
2007年10月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp