オーストラリアちゃんちん
(オーストラリア香椿)

Cedrela australis

Cedrela australis

Cedrela australis

Cedrela australis

Cedrela australis

Cedrela australis

Cedrela australis

Cedrela australis

インドから東南アジア、それにオーストラリア東部のクイーンズランド
州からニューサウスウェールズ州に分布しています。照葉樹林や混
合樹林などに生え、高さは20〜30メートルになります。葉は奇数羽
状複葉で、狭卵形から披針形の小葉が5〜7対つきます。新葉は淡
い紅色に色づきます。夏、枝先に大きな円錐花序をだし、小さな白色
の花を咲かせます。果実は刮ハで、種子には2個の長い翼がありま
す。
センダン科チャンチン属の落葉高木で、学名は Cedrela australis(syn.
Toona ciliata)。英名は Australian red cedar, Indian mahogany。
Australian red cedar belongs to Meliaceae (Mahogany family). It is a
deciduous tall tree that is distributed in India, South-east Asia and
Queensland to New Sowth Wales of east Australia. This tall tree occurs in
the laurel forests and mixed forests, and can reach 20-30 m in height.
Leaves are imparipinnate, and leaflets are narrow-ovate to lanceolate, 5-7
pairs. New leaves are colored pale ponceau. In summer, large panicles with
small whitish flowers are seen at the tips of branches. Fruits are capsules,
and seeds have two long wings.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月23日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5・中6] 同上にて、2007年02月03日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2〜4・下] 大阪市鶴見区「鶴見緑地公園」にて、
2006年04月28日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp