オーストラリアふともも (オーストラリア蒲桃)

Syzygium australe

Syzygium australe

Syzygium australe

Syzygium australe

Syzygium australe

Syzygium australe

オーストアリアの東部、クイーンズランド州中部からニューサウスウェ
ールズ州南部にかけて分布しています。海岸近くから高地までの多
雨林に生え、高さは25メートルにもなります。現在ではオーストラリア
の各地に植栽されています。また最近では高さが2メートルほどにし
かならない園芸品種も作出され、流通しています。葉は楕円形で光
沢があり対生します。夏、長くて白い雄しべの目立つ花を咲かせま
す。ちょうどクリスマスの頃に咲くことからオーストラリアでは「クリスマ
スブッシュ(Christmas bush)」とも呼ばれます。果実は卵形で真っ赤に
熟し、生食のほかジャムなどにも加工されます。
フトモモ科フトモモ属の常緑高木で、学名は Syzygium australe。
英名は Brush cherry, Scrub cherry。
Brush cherry belongs to Myrtaceae (Myrtle family). It is an evergreen tree
that is native from central Queensland to southern New South Wales of
Australia. This tree occurs in coastal to highland rainforests and can reach
about 25 m in height. They are planted widely in Australia nowadays.
Recently, the dwarf cultivars which grow about 2 m high are on the market.
The leaves are elliptic, glossy and opposite. The flowers with distinct white
stamens come in summer. This tree is also called 'Christmas bush' in
Australia. The fruits are ovate, ripen bright red and used for raw diet or jam.
[上] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2005年12月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中1] 同上にて、2007年05月22日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2] 同上にて、2006年01月19日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中3] 同上にて、2008年08月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4・下] 同上にて、2006年01月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp