オーストリアまつ (松)

Pinus nigra

Pinus nigra

Pinus nigra

ヨーロッパアルプスの東部から西アジアに分布しています。川沿いや
湿り気のある森林に生え、高さは20〜40メートルになります。針葉
は2葉で、暗い濃緑色をしています。種名は、この黒に近い葉の色か
ら。不毛の土地にも生育が可能で、開拓種として利用されています。
亜種や変種があるようで、写真の個体の表示では P. nigra var. nigra
とされていました。別名で「ヨーロッパクロマツ」とも呼ばれます。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus nigra。
英名は Austrian pine, Austrian black pine。
ニューヨーク「ニューヨーク植物園」にて、2004年03月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp