あわ (粟)

Setaria italica

Setaria italica

Setaria italica

Setaria italica

Setaria italica

アジアの東部が原産と考えられ、わが国へは、縄文時代に伝わった
とされてます。「えのころぐさ」から改良され、中国では古くから栽培さ
れていました。五穀のひとつで、わが国でもコメの栽培より前から重
要な食料のひとつとなっていました。「おおあわ」と「こあわ」があり、
わが国で栽培されているのは、主として穂の大きい「おおあわ」です。
8月から9月ごろ、茎の先に円柱状の花穂を伸ばします。種子はお
粥やもち、菓子などの原料や、小鳥の餌にもなります。写真中3・下
の品種は戸隠在来種。
イネ科エノコログサ属の多年草で、学名は Setaria italica。
英名は Foxtail millet。
Foxtail millet (Setaria italica) belongs to the Poaceae (the Grass family). It is
thought to be native to eastern Asia. It is an improved variety of Green
bristle grass (Setaria viridis) and it has been cultivated from long ago in
China. It was introduced into Japan in the Johmon period (3-4 thousand
years ago). It is one of Chinese five cereals, also it was one of mainly
cereals in Japan. There are two species (Oo-awa and Ko-awa), and
Oo-awa is mainly cultivated in Japan. The cylindrical spikes are borne at
the top of stems from August to September. The seeds are used as
ingredients of rice porridge or cake, and also as a feed of pet birds.
[上・中1〜2] 千葉県香取市大角にて、2012年08月20日撮影。
[中3・下} 長野県南箕輪村「信州大学農学部」にて、
2005年08月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp