あざみげし (薊罌粟) [Index] [Back]

Argemone mexicana

Argemone mexicana

Argemone mexicana

Argemone mexicana

メキシコが原産です。現在では広くアメリカやインド、エチオピアなどに帰化しています。日当たりの良い草地に生え、高さは30〜60センチになります。葉には棘があり、「あざみ」に似ています。6月から8月ごろ、黄色い花を咲かせます。茎や葉を傷つけると、鮮やかな黄色い乳汁がしみ出します。種子には、アルゲモネ油と呼ばれる食用にならない油脂が含まれ、サンギナリンやジヒドロサンギナリンといった有毒なアルカロイドが含まれます。
ケシ科アザミゲシ属の一年草で、学名は Argemone mexicana。
英名は Mexican prickly poppy、Mexican poppy。
Mexican prickly poppy (Argemone mexicana) belongs to the Papaveraceae (the Poppy family). It is an annual herb that is native to Mexico, and now widely naturalized in the United States, India and Ethiopia. This herb grows in sunny grasslands, and can reach 30-60 cm in height. The leaves are prickly and thistle like. The yellow flowers bloom from June to August. The bright yellow saps ooze when the stems or leaves are injured. The seeds contain non-edible oil, called argemone oil, which contains the toxic alkaloids sanguinarine and dihydrosanguinarine.
東京都文京区「小石川植物園」にて、2009年08月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp