あぜな (畔菜)

Lindernia pyxidaria

Lindernia pyxidaria

わが国の本州から四国、九州に分布しています。茎には4稜があり、
下部で分枝します。葉は卵形から楕円形で対生し、3〜4個の平行
脈があります。8月から10月ごろ、葉腋から長い花柄をだして、淡い
紅紫色の唇形花を咲かせます。水田の代表的な雑草のひとつです。
ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属の一年草で、学名は Lindernia
pyxidaria (procumbens)。英名は False pimpernel。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年07月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp