あずき (小豆)

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

Vigna angularis

中国の東北部が原産です。わが国へは2千年ほど前に渡来したと考
えられています。「やぶつるあずき」から品種改良されました。そのた
め、蔓性を多少残していて、茎が地面を這う傾向にあります。8月か
ら9月ごろ、葉腋に黄色い花を咲かせます。花の真ん中にある竜骨
弁が旋回しているのが特徴です。莢果は円筒形で、種子はあんやぜ
んざい、赤飯などに利用されます。北海道から東北地方がおもな産
地となっています。
マメ科ササゲ属の一年草で、学名は Vigna angularis。
英名は Azuki bean。
Azuki bean (Vigna angularis) belongs to Fabaceae (Pea family). It is an
annual herb that is native to northeastern China. It had been made
improvements from 'Yabu-tsuru-azuki' (Vigna angularis var. nipponensis).
This herb was introduced into Japan in about 2000 years ago. It grows on
a trailing vine. The yellow flowers appear on the axiles from August to
September. The keel petals are strongly curled. The fruits are cylindrical
pods and the seeds are used as a raw material of bean jam, red bean soup
with pieces of rice cake, and festive red rice.
[上・中1] 千葉県東庄町笹川にて、2008年07月20日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市逢阪にて、2003年09月10日撮影。
[中4・下] 東京都小平市「都薬用植物園」にて、
2009年08月09日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp