あずきなし (小豆梨)

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

Sorbus alnifolia

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山地の尾根などに生え、高さは10メートルくらいになります。樹皮は黒褐色で滑らかです。葉は卵形から楕円形で、縁には浅い重鋸歯があり、互生します。4月から6月ごろ、枝先に複散房花序をだし、白色の花を咲かせます。名前は、秋になると赤い「あずき」のような果実が実ことから。果実はナシ状果で、果実酒に利用されます。
バラ科ナナカマド属の落葉中高木で、学名は Sorbus alnifolia。
英名は Korean mountain ash。
The Korean mountain ash (Sorbus alnifolia) belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a semi-tall deciduous tree that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This tree grows in montane ridges and can reach about 10 m in height. The barks are black-brown and smooth. The leaves are ovate to elliptic and alternate with shallow duplicato-serratus edges. The compoundcorymbs are borne on the terminal branches and the white flowers bloom from April to June. The fruits are pomes and ripen in red in fall. They are used for fruit wine.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年05月23日撮影。
[中3〜4・中7] 長野県塩尻市片丘「高ボッチ高原」にて、
2006年06月02日撮影。
[中5・中6] 岐阜県御嵩町古屋敷にて、2005年05月01日撮影。
[中8・中9] 岐阜県恵那市長島町にて、2005年12月26日撮影。
[中10・中11] 福島県北塩原村桧原にて、2011年11月05日撮影。
[中12〜中14] 茨城県桜川市「きのこ山」にて、
2013年11月24日撮影。
[中15・中16] 福島県いわき市「二ツ箭山」にて、
2013年12月14日撮影。
[中17〜18・下] 山形県小国町大石沢にて、2016年05月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp