アズールセージ

Salvia azurea var. grandiflor

Salvia azurea var. grandiflor

Salvia azurea var. grandiflor

アメリカの中部が原産です。比較的標高の高い石灰岩地帯の林内
や大草原の乾燥した土地に生え、高さは90〜150センチほどにな
ります。基部の葉は狭い披針形で灰緑色をしています。茎葉はより
小さいものです。夏から秋にかけて、長い花茎をだし、鮮やかな濃い
空色の花を咲かせます。
シソ科アキギリ属の多年草で、学名は Salvia azurea var. grandiflora。
英名は Azure sage、Blue sage。
Azure sage (Salvia azurea var. grandiflora) belongs to Lamiaceae (Mint
family). It is a perennial herb that is native to central United States. This
herb occurs in highland calcareous woodlands or arid prairies and can
reach 90-150 cm in height. The basal leaves are grayish-green, narrow-
lanceolate and the cauline leaves are smaller. The long flowering stalks are
borne and bloom bright dark azure flowers from summer to fall.
[上・中] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[下] アメリカ・ニューヨーク州「ブルックリン植物園」にて、
2002年10月13日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp