オーデコロンミント

Mentha x piperita citrata

Mentha x piperita citrata

Mentha x piperita citrata

ヨーロッパが原産です。「メンサ・アクアティカ(M. aquatica)」と「スペア
ミント(M. spicata)」の自然交雑種といわれています。高さは60セン
チほどになり、茎や葉の縁が赤紫色を帯びます。葉は円形から卵形
で、「ベルガモット」と同じような柑橘系の香りがあります。盛夏から夏
の終わりごろ、茎頂や葉腋に総状花序をだし、藤色からピンク色の
花を咲かせます。ハーブバスやポプリに利用されます。別名で「ベル
ガモットミント」とも呼ばれます。
シソ科ハッカ属の多年草で、学名は Mentha x piperita citrata。
英名は Eau de cologne mint, Bergamot mint。
Eau de cologne mint (Mentha x piperita citrata) belongs to Lamiaceae
(Mint family). It is a perennial herb that is native to Europe. It is a natural
hybrid between Mentha aquatica and Spearmint (Mentha spicata). This
herb can reach about 60 cm in height. The stems and the edge of leaves are
tinged magenta. The leaves are round to ovate and have citrus fragrance.
The racemes are borne on the stem apices and axiles and bloom lavender
to pink flowers from mid to late summer. The leaves are used for a bath
agent or a potpourri.
[上・中] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2005年07月23日撮影。
[下] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp