えびづる (海老蔓) [Index] [Back]

Vitis thunbergii

Vitis thunbergii

Vitis thunbergii

Vitis thunbergii

Vitis thunbergii

わが国の本州から四国・九州、それに朝鮮半島や中国に分布しています。丘陵から山地の林縁などに生え、巻きひげで他の樹木や潅木に絡みついて伸びます。雌雄異株です。葉は卵形から広卵状三角形で、ふつう3〜5裂し互生します。6月から8月ごろ、葉と対生して円錐花序をだし、黄緑色の小さな花を咲かせます。果実は球形の液果で黒く熟し、食べることができます。
ブドウ科ブドウ属の落葉蔓性木本で、学名は Vitis thunbergii。
英名は Korean grape。
Korean grape (Vitis thunbergii) belongs to Vitaceae (Grape family). It is a deciduous woody trailing vine that is distrubuted to Honshu, Shikoku and Kyushu of Japan, Korean Peninsula and China. This vine occurs in hillside to montane forest edges and climbs up adjascent shrubs and trees by tendrils. It is dioecious. The leaves are ovate to broad ovate-deltoid, alternate and usually divided into 3-5 lobes. The small yellowish green flowers come in the panicles that are opposite side of the leaves from June to August. The fruits are round berries, ripen in black and edible.
[上・中1] 茨城県神栖市矢田部「波崎海岸」にて、
2008年07月16日撮影。
[中2・中3] 茨城県神栖市柳川「波崎海岸」にて、
2008年07月17日撮影。
[下] 同上にて、2008年08月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp