エキノドルス・グランディフロルス・アウレウス [Index] [Back]

Echinodorus grandiflorus ssp. aureus

Echinodorus grandiflorus ssp. aureus

Echinodorus grandiflorus ssp. aureus

Echinodorus grandiflorus ssp. aureus

中央アメリカから南アメリカに分布しています。池や沼に生え、高さは45センチほどになります。葉は心形です。新しい葉は黄色っぽく、古くなると黄金色になります。7月から10月ごろ、花茎を伸ばして、白色の花を咲かせます。
オモダカ科エキノドルス属の多年草で、学名は Echinodorus grandiflorus ssp. aureus。英名はありません。
Echinodorus grandiflorus ssp. aureus belongs to the Alismataceae (the Water-plantain family). It is a perennial heb that is native to Central and South America. This herb grows in ponds and bogs, and can reach about 45 cm in height. The leaves are heart-shaped. It is characterised by the fact that new leaves are yellowish and older leaves golden. The flowering stalks are borne and the white flowers bloom from July to October.
茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、2009年08月01日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp