エキナータまつ (エキナータ松)

Pynus echinata

Pynus echinata

Pynus echinata

アメリカの南東部に分布しています。山地の尾根から低地の氾濫原
までに生え、高さは21〜30メートルになります。樹皮は赤褐色で、
不規則な鱗状に割れ目が入ります。葉は針状で長さは7〜11センチ
あり、ふつう2個が束生します。果実は狭卵形の球果で、長さは4〜
6センチほどです。建築用の合板の材料として重要な樹種のひとつ
です。ちなみに「マツ」はアーカンソー州の州木となっています。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pynus echinata。
英名は Shortleaf pine。
アメリカ・アーカンソー州「クイーンウィルヘルミナ州立公園」にて、
2005年10月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp