エキノケレウス・ルビスピヌス (紫太陽)

Echinocereus rigidissimus ssp. rubispinus

Echinocereus rigidissimus ssp. rubispinus

メキシコの北部、チワワ州に分布しています。ふつうは単独に生え、
高さは20センチ以上、直径5センチ以上になります。数多くの深紅
色の棘に被われています。花は直径7センチほどのピンク色で、中
心は白色です。初夏に開花します。園芸上は「ムラサキタイヨウ(紫
太陽)」と呼ばれます。東山植物園での表示は「シコウタイヨウ(紫紅
太陽)」。
サボテン科エキノケレウス属の蝦サボテンで、学名は Echinocereus
rigidissimus ssp. rubispinus。英名はありません。
Echinocereus rigidissimus ssp. rubispinus belongs to Cactaceae (Cactus
family). It is an evergreen succulent perennial that is native to Chihuahua
state, northern Mexico. This cactus grows generally solitary, and grows up
to 20 cm in height, up to 5 cm in diameter. It is covered with numerous
rose-red spines. Flowers are large about 7 cm in diameter, pink with a
white center, and bloom in early summer.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp