エキノプス・スファエロケファルス

Echinops sphaerocephalus

Echinops sphaerocephalus

Echinops sphaerocephalus

Echinops sphaerocephalus

ヨーロッパの中・南部が原産です。「るりたまあざみ(Echinops ritro)」
の近縁で、高さは60〜75センチになります。茎は赤褐色です。葉は
羽状深裂で灰緑色から銀灰色、先端には棘があります。5月から7
月ごろ、球状花序に白色の頭花を咲かせます。
キク科ヒゴタイ属の多年草で、学名は Echinops sphaerocephalus。
英名は Globe thistle。
Globe thistle (Echinops sphaerocephalus) belongs to Asteraceae (the Aster
family). It is a perennial herb that is native to central and southern Europe.
This herb is closely related to Echinops ritro and can reach 60-75 cm in
height. The stems are red-brown. The leaves are deep pinnately, gray-
green to silvery-gray with spine tips. The white flower-heads bloom in the
globose clusters from May to July.
[上・中1] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・下] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp