エキノケレウス・ストラミネウス

Echinocereus stramineus

Echinocereus stramineus

Echinocereus stramineus

アメリカの中南部、テキサス州からニューメキシコ州それにメキシコ北部に分布しています。チワワ砂漠(Chihuahuan Desert)の潅木帯や岩礫地に生え、高さは15〜60センチになります。茎は直立して叢生し、よく分枝します。円筒形の茎には10〜16稜があり、刺座(しざ)には9〜14個の麦藁色の棘が生えます。3月から7月ごろ、直径8〜12センチほどの桃紅色から赤紫色の花を咲かせます。果実は赤褐色に熟し、食用になります。園芸上は「あらむしゃ(荒武者)」と呼ばれます。 
サボテン科エキノケレウス属の柱サボテンで、学名は Echinocereus stramineus。英名は Straw-colored hedgehog、Claret cup cactus。 
Straw-colored hedgehog (Echinocereus stramineus) belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a colunmar cactus that is distributed from the central-southern United States, Texas to New Mexico and northern Mexico. This cactus grows in scrubs or screes, up to a height of 15-60 cm. The stems are upright, clumping and much branched. The columnar stems are 10-16 ridged, and the areoles have 9-14 straw yellow spines. It blooms dark pink to magenta flowers, up to 8-12 cm in diameter from March to July. The fruits ripen reddish brown and they are edible. 
[上・中] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp