エキナケア・テネシーエンシス

Echinacea tennesseensis

Echinacea tennesseensis

Echinacea tennesseensis

アメリカのテネシー州、中央盆地(Central Basin)に分布しています。
石灰岩地にあるシーダー林の空き地に生え、高さは60〜75センチ
になります。葉は狭披針形で毛に被われ、縁は全縁です。また葉は
ほとんどが茎の基部につきます。春から秋にかけて、茎頂に紫色か
らピンク色の舌状花のある頭花を咲かせます。他のエキナケア属と
は異なり、舌状花が垂れ下がらないのが特徴です。
キク科エキナケア属の多年草で、学名は Echinacea tennesseensis。
英名は Tennessee coneflower, Tennessee purple coneflower。
Tennessee coneflower belongs to Asteraceae (Aster family). It is a
perennial herb that is native to the Central Basin, Tenessee. This herb
occurs in cedar frests on calcareous soils and can reach 60-75 cm in height.
The leaves are narrow lanceolate, covered with hairs and entire. They are
arranged almost at the bases. The purple to pink flowerheads come on the
stem apices from spring to fall. It is defined by no-drooping ray flowers,
different from other Echinacea genus.
[上・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中] 同上にて、2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp