エキノプシス・テレゴナ [Index] [Back]

Echinopsis thelegona

Echinopsis thelegona

潅木状の柱状サボテンで、アルゼンチンに分布しています。自由に分枝して、半直立または寝そべり、高さは1.2メートル以上、直径は4センチ以上になります。茎は濃緑色で、およそ12個の稜があります。中棘は1個、縁棘は6個あります。花は白色の漏斗形で、直径20センチほど、夏の夜に開きます。果実は直径5センチほどで赤色、毛に被われます。熟すと、一方向に裂け、黒い種子を見せます。
サボテン科エキノプシス属の柱状サボテンで、学名は Echinopsis thelegona。英名はありません。
Echinopsis thelegona belongs to the family Cactaceae (the Cactus family). It is a bushy columnar cactus that is native to Argentina. This cactus is branching freely, semi erect or sprawling, and it can reach up to 1.2 m in height, up to 4 cm in diameter. The stems are dark green and have about 12 broad ribs. It has 1 central spines and 6 radial spines. The flowers are white nocturnal funnel-shaped, about 20 cm long, and bloom in summer. The fruits are red, hairy, and about 5 cm long. They split on one side, revealing black seeds when ripe.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp