エキウム・ウルガーレ (蕊長紫)

Echium vulgare

Echium vulgare

Echium vulgare

Echium vulgare

Echium vulgare

Echium vulgare

Echium vulgare

ヨーロッパが原産です。草地や道端、湿地などに生え、高さは30〜70センチほどになります。茎は直立し、棘のような剛毛に被われています。毛が生えているところには紫色の斑点があります。葉は線形から線状披針形で互生します。6月から9月ごろ、青紫色からピンク色の花を咲かせます。和名では「しべながむらさき(蕊長紫)」と呼ばれます。 
ムラサキ科シャゼンムラサキ属の一年草で、学名は Echium vulgare。英名は Viper's bugloss、Blueweed。 
The Viper's bugloss (Echium vulgare) belongs to Boraginaceae (the Borage family). It is an annual herb that is native to Europe. This herb grows in grasslands, roadsides or marshes and can reach 30-70 cm in height. The stem is erect and covered with spiny bristly hairs. There are purple mottles where hairs grow. The leaves are linear to linear-lanceolate and alternate. The flowers are bluish-purple to pink and appear bewteen June and September. 
[上・中1] ベルギー・エノー州モンス市郊外にて、
200x年xx月xx日撮影。(photo by Benoît Durieux)
[中2] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、
2008年06月18日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中3・中4] ニュージーランド・カンタベリー地方「プカキ湖」にて、
2003年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・下] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月26日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp