えだつやごけ (枝艶苔)

Entodon rubicundus

Entodon rubicundus

わが国の各地にふつうに見ることができ、山地の岩の上などに生え
ます。大型で、茎の長さは10センチほどになり、羽状にきれいに分
枝します。葉はやや黄緑色をしていてツヤがあり、ときに赤みを帯び
ることがあります。凾ヘ円筒形で赤褐色をしています。
ツヤゴケ科ツヤゴケ属の蘚類で、学名は Entodon rubicundus。
英名はありません。
三重県菰野町「御在所岳」にて、2003年11月05日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp