エーデルワイス (西洋薄雪草)

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

Leontopodium alpinum

わが国の「みやまうすゆきそう(Leontopodium fauriei)」の近縁種です。ヨーロッパの中南部と南西部からヒマラヤ、シベリアに分布しています。日当たりのよい高山の草原や砂礫地に生え、高さは20センチほどになります。全体に白い綿毛を密生し、7月から8月ごろ白色の小さい頭状花を数個咲かせます。花びらのように見えるのは苞葉です。別名で「せいよううすゆきそう(西洋薄雪草)」とも呼ばれます。 
キク科ウスユキソウ属の多年草で、学名は Leontopodium alpinum。
英名は Edelweiss。 
Edelweiss (Leontopodium alpinum) belongs to the Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is distributed from central-southern and south-western Europe to the Himalayas and Siberia. This herb grows in sunny alpine grasslands and gravel areas, and can reach about 20 cm in height. The plant is covered with dense white wooly hairs. The several, small, white flowerheads come in July to August. The bracts look like petals. This species is closely related to "Miyama-usuyuki-so" (Leontopodium fauriei) of Japan. 
[上・中1] スイス・ベルン州・グリンデルワルトにて、
2002年07月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2008年06月20日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中4] スイス・ベルン州クライネシャイデックにて、
2009年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5・中6] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中7] スイス・ベルン州フィルストにて、2013年06月28日撮影。
(photo by Jon Suehiro)
[下] 長野県白馬村「白馬五竜高山植物園」にて、
2016年07月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp